ニュース 見る

本牧市民公園のSLと転車台

2021年7月13日

本牧市民公園のD51

本牧市民公園にSLが1台佇んでいます。
あたらしくなったSLを見に行って来ました。

SLの正体

本牧市民公園に展示されているSLは「蒸気機関車D51」です。
D51は「デゴイチ」の愛称でSLの代名詞にもなっている機関車です。
展示プレートによりますと、昭和16年(1941年)当時の鉄道省大宮工場で製造された大宮機関区に配置されていたもので、東北本線などで活躍後、昭和44年(1969年)新鶴見機関区に配置され、昭和45年(1970年)11月28日に廃車となり、同年12月15日に当時の国鉄から横浜市が借り受けて展示保存しているとのことです。

乗れるSL

SLは展示しているだけでなく、実際に機関室に乗ることができます。
その写真がこちら。

転車台

このSLの直ぐ側に転車台があります。
転車台と言われてもピンとこないと想いますが、写真を見ると何となく何をするものかお分かりいただけると思います。

機関車を人力で向きを変える台のようです。
国鉄横浜機関区高島車庫で使われていたのものを移設保存しているそうです。

本牧市民公園

『本牧市民公園』は、本牧を代表する観光スポット、『三渓園』に隣接する公園です。
本牧市民公園には、テニスコートや野球も楽しめる運動場があります。芝生広場とよばれる広い芝生は市民の憩いの場です。
初心者でも陶芸を楽しめる横浜市陶芸センター、六角形の屋根が印象的な上海横浜友好園もあり、1日いても飽きない楽しい公園です。

ホームページはこちら:https://shimin-rinkai.jp/

アクセス

ギャラリー

まとめ

子どもに人気のSLが見るだけでなく、実際に乗れるのは珍しいのではないでしょうか。
もちろん、無料です。
ぜひ、本牧市民公園にお立ち寄りの際はSLに乗ってみてはいかがでしょうか。

本牧の情報募集中!

「本牧とわたし」では、本牧のお店や会社や地域の情報を発信しています。
「見てもらいたい」「参加してもらいたい」「買ってもらいたい」「食べてもらいたい」「知ってもらいたい」といった情報を無料で掲載いたします。
お店やサービスの宣伝から、街のエピソードまで幅広く募集しています!お気軽にお問い合わせください。
掲載をご希望の方はこちらをご確認ください。

  • この記事を書いた人

編集長

運営責任者/編集長/中の人
横浜歴30数年。本牧歴10数年。※写真はイメージです

-ニュース, 見る
-

TRANSLATE »

© 2022 本牧とわたし Powered by AFFINGER5

このサイトに店舗や会社の情報を
掲載しませんか?

掲載無料

一切費用はかかりません!