知る 見る

本牧山頂公園のドライバレル

本牧山頂公園のドライバレル|本牧とわたし

本牧山頂公園に「ドライバレル」という聞き慣れない消火栓があるのをご存知だろうか。
本牧山頂公園をイオン本牧店側から登ると登りきったところを多くの人は道なりに左に曲がるでしょう。
左に曲がるとセンター広場や展望台など多くの見どころがあります。
しかし、右に曲がると昔ながらの本牧を感じる一角があります。

ドライバレルの正体

ドライバレルの横の案内板にはこう書いてあります。

戦後、米軍接収地のこの場所にあった消火栓を保存したものです。
消火栓を使用しない時には、内部の水がなくなり空になるため、ドライタイプと呼ばれます。
また、暖色系の色は放水量が少ないタイプを表しています。※この消火栓は現在使えません。

消火栓の中には子どものいたずらなのか、どんぐりが溢れるほど入っています。
この辺は自然がいっぱい残っていて、野生のリスが目撃されています。
もしかしたら、リスの仕業かもしれません。

アクセス

まとめ

何もないところにぽつんと残されている戦後アメリカ接収当時の面影がある「ドライバレル」。
少しだけ道を外れて寄ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
編集長

編集長

運営責任者/編集長/中の人
横浜歴30数年。本牧歴10数年。※写真はイメージです

-知る, 見る

TRANSLATE »

© 2021 本牧とわたし Powered by AFFINGER5